はんだシティマラソンとは

  • HOME »
  • はんだシティマラソンとは

沿革

はんだシティマラソンの前身となる半田市民マラソン大会は、昭和57年に第1回大会を開催しました。その後は、コースの変更を重ねながら、当初の2,000人から現在では4,000人規模の大会として開催され、2019年大会では約3,700名のランナーが参加しています。
平成25年に市民がスポーツに親しむ日として11月の第1日曜日を「はんだスポーツの日」と定め、同年開催の大会よりウォーキング部門が新設されました。ウォーキングからマラソンまで幅広い競技レベルの部門があることで、より多くの方が参加しやすい大会となりました。
平成29年に半田市制80周年を節目とし大会名称を改め、「半田市民マラソン大会」から「はんだシティマラソン」に改称されました。

大会コンセプト


坂道が楽しくなる。半田運動公園陸上競技場のトラックからスタートし、運動公園の外にでるとそこからは丘を下って市街地へ突入します。コースは、高低差約30mのアップダウンの連続。マラソン部門は陸上競技場をスタート・ゴールとしたコースが魅力の一つになっています。10km・5kmコース上にあるハイタッチエリアでは、多くの来場者が赤色の手袋でランナーを応援します。ジョギング部門は、ランナー初心者でも安心して参加できます。仮装することもでき友達や家族と一緒に楽しめます。午後からのウォーキング部門「ハルスくんウォーク」では、コース上にある「ハルスポット」で半田限定スイーツを食べることができます。年に一度の「はんだスポーツの日」に皆で盛り上がりましょう。

事務局

大会ロゴ

風 に な れ。
はんだシティマラソン実行委員会事務局
(半田市役所スポーツ課内)

  • 〒475-8666 愛知県半田市東洋町2-1
  • TEL:0569-22-1184
  • FAX:0569-24-0488
  • MAIL:sports@city.handa.lg.jp

大会結果

2019年度大会HPの大会結果ページへ
リンクします

マイページはこちら

半田市観光ガイドがダウンロードできます。
  • 市内ランニングクラブについてはこちら
PAGETOP
MENU